2016年 12月 04日

嘘かと思えるくらいに

この面白?ニュース、実に強姦土人の気質が反映されたほのぼのニュースです。
確か落語にこんな話がなかったでしょうか。
一合の酒をみんなが持ち寄り花見をする。
みんな酒一合を持ち寄るのだから、一人ぐらいは水にしても分からないだろうと。。。
で、集まって酒を飲む段になり酒を飲むと、それは、酒ではなく水であった、という内容の話。

以下産経ニュースからのコピー。。。
【軍事ワールド】韓国“裏切りの報酬” 米軍燃料めぐる不正にペンタゴンも…
2016.11.30 11:29

朴槿恵(パク・クネ)大統領が条件付きの辞意を表明し、政局の混迷が深まる韓国で、在韓米軍が韓国に愛想を尽かしかねない事態が起こった。

米軍に納入するはずの燃料を安価な別物にすり替えて売り飛ばし、差額約60億ウォン(約6億円)を横領していた業者が検挙されたのだ。その数44人。北朝鮮の核兵器開発が進む中、米韓の連携は必至なだけに米国防総省(ペンタゴン)も事態を重視している。(岡田敏彦)

■軍隊相手に…

韓国テレビ・KBSニュース(電子版)によると、犯行が明らかになったのは23日。検挙されたのは44人で、うち27人は拘束されたという。その「だましのテクニック」は大胆だった。

容疑者らは貯油所でタンク車に、米軍の注文通りの軽油を満載する。このタンク車には衛星利用測位システム(GPS)の発信器が付けられていて、途中で寄り道などすれば記録に残るシステムになっている。そこで容疑者らはこのGPS発信器を取り外し、別の車両に載せるのだ。

監視から逃れたタンク車は、仲間のガソリンスタンドへ一直線。値段の高い軽油をガソリンスタンドに“納品”し、代わりに安い灯油をタンク車に流し込む。時期によって変わるが、灯油は軽油の7割ほどの価格とされる。つまり「ないしょの載せ替え」で総額の3割をピンハネできる計算だ。

タンク車が大急ぎの寄り道をしている間、GPSを積んだ替え玉車両は正規のルートをゆっくり走り、休憩などをして時間を稼いでいたとみられる。その後タンク車と替え玉車両は合流し、GPS発信器を載せ替えて米軍基地へ向かう-という寸法だ。

だが、この犯罪の本当の問題点は、この奥にある。

■俺にもやらせろ

捜査を行った韓国の京畿南部警察庁広域捜査隊によると、こうした「すり替え」は2014年12月から16年5月まで、量にして計約435万リットル分、回数は約500回行われてたという。18カ月で500回。単純計算で1カ月に27回。つまり、休日を除く「毎日」だ。

その結果は…。警察が米軍の協力を得て米軍基地内のタンクを調べたところ、軽油タンクに入っていた液体の95%が灯油だったという。

なぜこんなことになるのか。実は検挙された44人は全員で1グループではなかったという。最初の一人が「俺だけならバレない」と始め、気づいた他の業者は「あいつがやっているのだから俺だって」…と連鎖的にすり替えが広がった疑いがもたれている。

実際、寒冷地では軽油の凍結防止に灯油を混ぜる国もあるため、「1人が少量」の犯行なら露見しなかった可能性もある。ところが実際は95%なのだから、「全員クロ」だ。

こんな例は韓国では珍しくない。むしろ、1つのプロジェクトについて不正を行うのが1人や2人では済まず、その契約の信頼性が崩壊することなどおかまいなしに関係者の多くが群がるという傾向がある。

ちなみに今回の米軍燃料横流しでは6月にも類似の事件があり、SBSによると米国防総省(ペンタゴン)から捜査官が急派されたという。

韓国警察はこの際、燃料は米軍が暖房用に使うものと説明したが、SBSは「車両にも使っている可能性がある」などとしている。事件はまだ広がる可能性があるが、朴大統領も自身のことで手いっぱいなだけに、政府として改善や対応策が取れるのか心許ない状況だ。

http://www.sankei.com/west/news/161130/wst1611300038-n1.html

コピーはここまで。。。

まぁ、水ではなくて、軽油が灯油に代えられていたわけですが、これって、「もう米軍は要らないから出て行って!」と言うことでしょうか。
ちょっと前では、米軍最新鋭のヘリで最も重要なカメラやセンサーが搭載されている部分に、土人軍のお偉いさんらがその上にあがって記念撮影をして顰蹙を買うニュースもありました。
b0301512_15274660.jpg

本当に民度が低いからしょうがないのでしょうか?

私的には、今回の不正の手口を自慢げにさらすあたりは、悪意にしか感じられませんけど。
この情熱を酋長退陣のデモに向ければいいのに。
まぁ。総合的にみると、やはり民度が低いことになるのでしょうね。

ミリタリー仕様ということで、軽油や灯油、もしくは重油でも動く?
さすがに重油では無理そうですが、何事に対しても信用できない土人どもです。
[PR]

# by tokuakirai | 2016-12-04 15:38 | 土人気質 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 03日

たき火が恋しくなる今日この頃?

 「必ず引きずり下ろす」。朴槿恵大統領の親友が国政に深く関与していたことが発覚した韓国。首都ソウルの目抜き通りを29日夜、ろうそくを手にした抗議の人並みが埋め、青瓦台(大統領府)に向け「朴槿恵は下野しろ」とシュプレヒコールを繰り返した。

 観光名所の清渓川そばの小さな広場で予定された抗議集会には2万人超が集まり、周辺道路に参加者があふれた。主催者側は来月、数十万人規模で集まろうと呼び掛け、政権退陣を求める闘争を宣言した。

 来年の大統領選で野党陣営の候補の一人に挙げられるソウル郊外、城南市の李在明市長が「朴槿恵はこの国を統治する資質がないことを自白した。今すぐ家へ帰れ」と壇上で話すと、歓呼の拍手が上がった。

 参加者は集会を終えると大統領府に向かいデモ行進を始め、機動隊と一部で衝突した。(共同)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161031/frn1610310830007-n1.htm

コピーはここまで。。。

なんか恒例のローソク・デモが始まりましたね。
寒くなったのでローソク・デモから伝家の宝刀の付け火が、次に待っています。
さて、今回は何が燃えるのかに私は興味があります。

ローソク・デモが始まると政権は終わりを待つまで、さて、いつまで現政権はもつのか(笑)
[PR]

# by tokuakirai | 2016-11-03 18:12 | 土人気質 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 17日

民進党の新代表について

以下NHKニュースウェブからのコピーです。。。

民進党 新代表に蓮舫氏 与野党の反応
9月15日 18時37分
民進党 新代表に蓮舫氏 与野党の反応
動画を再生する
民進党の新しい代表に蓮舫氏が決まったことについて、与野党の反応です。
自民
自民党の二階幹事長は、党本部で記者団に対し、「蓮舫新代表が、予想どおり、圧勝して選ばれたことは、民進党という党の安定から言って、大変結構なことだったのではないか。与党、野党の立場はあるが、われわれは、日本のため、国民のために、ともに手を携えて頑張らなければいけない使命があるのだから、お互いに協力し合っていければよいと思う」と述べました。一方、二階氏は、蓮舫氏の、いわゆる「二重国籍」問題について、「これだけ国際社会が進んでいる時代なのだから、蓮舫氏自身が、自分は何らやましい点はない、日本人だということで、これからご活躍をいただくのであれば、それはそれで、結構ではないか。この問題を取り上げるつもりはない」と述べました。
公明
公明党の山口代表は、国会内で記者団に対し、「野党が受け止めるべき民意もあり、健全な野党が存在することは民主主義の価値を高める。蓮舫新代表は、批判よりも提案を重視したいと言っているので、国会では建設的な立場で具体的な政策を提案してもらい、論議を深めたい。女性活躍の時代を体現する新代表として活躍を期待したい」と述べました。一方、山口氏は、蓮舫氏の、いわゆる「二重国籍」の問題について、「本人が説明責任を尽くすことが大切だし、民進党として国民にどう説明するかということも問われている」と述べました。
共産
共産党の志位委員長は、党本部で記者団に対し、「蓮舫新代表に、まずエールを送りたい。参議院選挙で大きな成果をあげた野党と市民の共闘を、次の衆議院選挙でも大きく発展させたい。来月行われる2つの衆議院の補欠選挙は、大変、大事な戦いであり、衆議院選挙に向けた前哨戦という位置づけにもなってくる。野党共闘を実現し、勝利を勝ち取るという立場で民進党と話し合っていきたい」と述べました。また、志位氏は、蓮舫氏のいわゆる「二重国籍」問題について、「本人も反省の弁を述べており、それ以上私が言うことは無い」と述べました。
維新
日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で、「いわゆる『二重国籍』の問題については、国民がスッと思えるような状況ではなく、蓮舫新代表は国民への説明責任を果たすべきだ。説明責任を果たさないまま、今後、国会で、政府やほかの政党に注文をつけていくのは、いささか疑問だ」と述べました。そのうえで、馬場氏は、「私たちが今後、議員立法で提出していく法案などで賛否が合致すれば、民進党と国会で共闘していくのは、やぶさかではない」と述べました。
生活
生活の党の小沢代表は、「蓮舫氏の、党代表としての活躍を大いに期待している。何より、『一強多弱』により議会制民主主義が崩壊寸前まで追い詰められている状況で、何としても早期に安倍政権を打倒し、再び健全な民主主義を回復させるべく、野党共闘の更なる推進のために奮闘していただきたい」とする談話を発表しました。
社民
社民党の又市幹事長は、「民進党の目指す政権交代を実現するためにも、衆議院選挙での野党共闘の継承・発展が不可欠だ。社民党をはじめ、ほかの野党と手を携え、安倍政治の暴走に正面から対じして、多くの国民の期待に応えるように希望するとともに衆議院の小選挙区選挙でのすみ分けをはじめとする選挙協力の前進を図りたい」などとする談話を発表しました。
こころ
日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は、「蓮舫氏の、二重国籍の問題とその対応には失望の念を禁じ得ない。蓮舫氏が、代表選の最中に虚偽の説明を繰り返してきたこと自体看過し難い問題だが、民進党の、党としての対応も理解に苦しむ。臨時国会では、二重国籍の問題を徹底的に議論し、しかるべき立法を講じなければならず、わが党はその最前線でたたかう覚悟だ」とする談話を発表しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010687741000.html
コピーはここまで。。。


なんか、芸能界の身内をかばう体質によく似た感じを受けますね。
野党の反応には特に驚かないが、与党の幹事長の発言には、さすが、支那のお仲間だから仲良く売国に励もうということでしょうか?
まともな政党は、日本のこころだけのように思えます。

[PR]

# by tokuakirai | 2016-09-17 16:49 | 売国政党 | Trackback | Comments(0)